建物譲渡特約付きの場合

家一般定期借地権の他にも定期借地権の種類として「建物譲渡特約付借地権」というものがあります。この長い名前の借地権は存続期間が一般定期借地権よりは短い30年以上という設定になっています。一般定期借地権では期間が満了したら借り主は土地を更地にして返還しなければいけなかったわけですが、この建物譲渡特約付借地権の場合は期間満了後地主さんが借地人から建っている建物を買い取るという仕組みになっており、それで権利が消滅するという借地権になっています。そこに残された建物を地主が買い取るということが前提というわけです。

借り主にとっては更地にする手間や資金が必要ないということにもなりますが、地主側にとってもメリットが発生する可能性も高いです。30年以上の期間が満了したあとそこに建っているアパートやマンション、店舗などの建物を買い取るわけなので、そのまま地主がその建物の賃貸経営を引き継ぐことができ、家賃収入を得ていくことができるわけです。またあまり長期の契約を望んでいない地主にとっては、一般定期借地権の場合よりも短期に契約を終了できるというのもメリットとなりえます。借地権を消滅させるためには期間満了後に建物を買い取る必要があるので、これが逆にデメリットと感じてしまう地主もいるかもしれません。