定期借地権て何?

不動産不動産関連のことというのはなかなか一般人には理解するのが難しい内容が多いですが、実際に大人になると親の持ち家のことから自分の住んでいる家のことまでしっかりと理解しておく必要があります。必ずしも家を買う予定がなくても不動産に関する知識は役に立ちますし、突然不動産トラブルに巻き込まれたときも慌てなくてすみます。今回は定期借地権というものについて考えてみたいと思いますがそもそもこの定期借地権とは一体どのような権利のことなのでしょうか。

まずこの定期借地権というものは平成四年に施行された借地借家法によって定められたものです。この契約関係においては最初に定めた契約期間で借地関係が終了することになり、そのまま更新されるということがありません。どんなメリットがあるかというと、土地の所有者側からすれば安心してその期間土地を貸すことができますし、土地を借りる側からしても従来よりも少ない負担で土地を借りておくことができるようになりました。

借地に家を建てるということが可能な以上、どうしても地主さんと借り主の間でのトラブルが起きがちでしたが、そうしたトラブルを減らすという意味でも定期借地権の仕組みは一役買っていると言えるでしょう。土地の貸し借りがスムーズにいけばそれだけ住宅や宅地の政策のうえでもメリットが大きいと言えます。この定期借地権には三種類のタイプがありますので自分が関係するのはどのタイプなのか確認しておくことも大事です。

Pocket