事業用の土地

定期借地権の中で三つに分かれている種類のうち事業用に貸借する場合のものが「事業用定期借地権」というものです。居住用ではなく事業用に使用するために借りる、あるいは貸し出すというわけですが、そもそもあまり居住用の物件を建築するのに不向きな土地を保有している場合というのがあります。交通量が多く騒音が結構あるような道路沿いの土地などはあまり居住用に向いているとは言い難いかもしれません。しかしそうした土地でもコンビニエンスストアや工場などを建築するとなると逆にメリットが大きい場合もあります。そうした土地の貸借の場合に事業用定期借地権というものが用いられることがあるわけです。

この事業用定期借地権の存続期間は10年以上50年未満とされており、比較的短い期間での契約が可能となっています。もちろん必ずしも居住用に向かない土地にだけ適用されるわけではないので、期間満了後は自分の家族や孫にその土地に家を建てさせてあげたいと考えている場合もあります。そのように将来の目的や用途が決まっている人が当面の期間土地を貸し出したいという場合に向いています。また事業用に貸し出すので居住用の物件よりも高い設定の地代を請求できる可能性もあります。

建物譲渡特約付きの場合

家一般定期借地権の他にも定期借地権の種類として「建物譲渡特約付借地権」というものがあります。この長い名前の借地権は存続期間が一般定期借地権よりは短い30年以上という設定になっています。一般定期借地権では期間が満了したら借り主は土地を更地にして返還しなければいけなかったわけですが、この建物譲渡特約付借地権の場合は期間満了後地主さんが借地人から建っている建物を買い取るという仕組みになっており、それで権利が消滅するという借地権になっています。そこに残された建物を地主が買い取るということが前提というわけです。

借り主にとっては更地にする手間や資金が必要ないということにもなりますが、地主側にとってもメリットが発生する可能性も高いです。30年以上の期間が満了したあとそこに建っているアパートやマンション、店舗などの建物を買い取るわけなので、そのまま地主がその建物の賃貸経営を引き継ぐことができ、家賃収入を得ていくことができるわけです。またあまり長期の契約を望んでいない地主にとっては、一般定期借地権の場合よりも短期に契約を終了できるというのもメリットとなりえます。借地権を消滅させるためには期間満了後に建物を買い取る必要があるので、これが逆にデメリットと感じてしまう地主もいるかもしれません。

一般定期借地権とは?

マンション三種類あるという定期借地権ですが、まず最も一般的なのが「一般定期借地権」というものです。この一般定期借地権とは借地権の存続期間が50年以上に設定されるものであり、その期間が満了したら権利はなくなります。非常に長い期間に及ぶタイプのものですが、長期的に使用予定がないような土地を持っている人にとっては用いやすいものだと言えます。どのようなケースで用いられるかというと、分譲マンションを建てたいと考えているディベロッパーなどに広い土地を長期にわたって貸す場合などにこの一般定期借地権が用いられます。

契約満了後はどうなるのかというと、借地人はその土地を更地にして返すことになります。土地というのは個人のものというよりもそのファミリーのものという意識も強いと思いますので、一般定期借地権のように期間が長いものであっても、その契約者本人に限らずその土地の相続者にとってもその土地の将来的な用途というのは大事な関心事ですので、自分たちの土地がきちんと返ってくるという保証が欲しいものです。一般定期借地権であれば契約更新や延長がないので、契約期間が満了すれば必ず土地が更地の状態で戻ってくるという安心感がメリットとなっています。

定期借地権て何?

不動産不動産関連のことというのはなかなか一般人には理解するのが難しい内容が多いですが、実際に大人になると親の持ち家のことから自分の住んでいる家のことまでしっかりと理解しておく必要があります。必ずしも家を買う予定がなくても不動産に関する知識は役に立ちますし、突然不動産トラブルに巻き込まれたときも慌てなくてすみます。今回は定期借地権というものについて考えてみたいと思いますがそもそもこの定期借地権とは一体どのような権利のことなのでしょうか。

まずこの定期借地権というものは平成四年に施行された借地借家法によって定められたものです。この契約関係においては最初に定めた契約期間で借地関係が終了することになり、そのまま更新されるということがありません。どんなメリットがあるかというと、土地の所有者側からすれば安心してその期間土地を貸すことができますし、土地を借りる側からしても従来よりも少ない負担で土地を借りておくことができるようになりました。

借地に家を建てるということが可能な以上、どうしても地主さんと借り主の間でのトラブルが起きがちでしたが、そうしたトラブルを減らすという意味でも定期借地権の仕組みは一役買っていると言えるでしょう。土地の貸し借りがスムーズにいけばそれだけ住宅や宅地の政策のうえでもメリットが大きいと言えます。この定期借地権には三種類のタイプがありますので自分が関係するのはどのタイプなのか確認しておくことも大事です。